ブナの沢旅ブナの沢旅
2020.02.13
ラッセルで登った展望の日白山
カテゴリー:雪山

2020年2月12日

今シーズンは雪山選びがむずかしい。週末にかけて山にはかなりの降雪があったようだが、新雪直後はラッセルが避けられない。だからといって人出の多いゲレンデ山は避けたい。ということで、おなじみの東谷山から日白山へ雪の状態を見ながら歩くことにした。

越後湯沢駅から急行スキーバスで田代スキー場で下車。いつもは車道向かいの雪原を横断して登山口へショートカットするのだが、やはり雪が深くてシューでももぐるため、ぐるり舗装道をまわって除雪終了点へ。すると単独スキーヤーが準備をしていたので軽く挨拶。しかもすでに新しいトレースがあった。好天が約束された日だもの、やっぱりね。

2020.02.04
小糸川〜安房高山
カテゴリー:ハイキング

2020年2月4日

房総半島の沢はこれまで晩秋に遡行するのが通例だったが、昨年は秋の台風15号、19号の影響を心配して見送った。今回は予定していた雪山が悪天のためハイキングに切り替えることになった。ちょうど立春の暖かい一日になりそうだったので、久しぶりに房総半島に足を運んだ。

自分にとっては初めての沢を選び、小糸川源流の名前のない沢から安房高山に登ることにした。地元では歩かれているようだ。清和県民の森の駐車場から歩き始める。沢に降りるところは郡界尾根の登山道になっていて標識もあった。尾根コースは沢を渡渉して対岸の尾根に取り付くのだが、私たちはそのまま沢を歩く。

2020.01.27
南会津 窓明山〜三岩岳周回
カテゴリー:雪山

2020年1月26-27日

雪山シーズンになると南会津が恋しくなる。今年はどこの山も積雪が少ないが、登山道のない南会津ブナ街道はどんな様子なのだろう。そこでまずは偵察をかねて登山道がある窓明山周辺を歩いてみることにした。久しぶりの会津鉄道だが、沿線にはまったく雪がない。会津高原尾瀬口駅からのバスは休日にもかかわらず乗客はたった3組で私たち以外はスキー客だ。あいかわらず誰もいないなあと、寂しいような落ち着くような。

例年は雪に埋もれている登山口の標識はほとんどでていた。3年前スコップで雪壁を崩して乗り上げた時とくらべ1.5mほど雪が少ない。おかげで登山道が明瞭なため簡単に尾根にのった。ところどころ地面が出ている急斜面を登りきると尾根が広がりブナ林となる。登山道の上を歩くので藪につかまることはない。巽沢山では初めて三角点の石柱がでていた。

2020.01.23
白毛門(中退)
カテゴリー:雪山

2020年1月22日

12月中旬に会津駒で雪山始めをしてからはや一ヶ月。あれ以来雪山には行けていない。檜洞丸でちょっと雪山歩きをしたことが虫起こしになったのか、好天予報で急遽3日とあけずに白毛門へ向かった。谷川岳へ行けばトレースありで楽に山頂と好展望が約束されているのはわかっているのだが、今回はうんと雪にまみれてラッセルしたいということで、人出の少ない白毛門へ。朝発日帰り公共の交通機関となると行き先が限られる。