ブナの沢旅ブナの沢旅
2019.01.12
無理を承知で西黒尾根
カテゴリー:雪山

2019年1月12日

ようやく山に晴れマークがでた今年最初の三連休。テント泊のいいチャンスだったのに真ん中の日曜日に所用があり、泣く泣く土曜日日帰りとなった。こんな時は近くていい山の谷川方面が真っ先に候補にあがる。でもロープーウェイの天神平からは人出が多いだろうな。雪の谷川岳になってからの好天の休日となると激混みの大渋滞の記録が目に付いたことが記憶にあたらしい。

ならば西黒尾根はどうかということになったが、今度はトレースがないと山頂は無理。人が多いのはイヤ、でもトレースがないところは登れない。あーだ、こーだと面倒くさい自分なのだ。まあ山頂にこだわることもない。樹林帯のブナ林もステキだし適度のラッセルも楽しい。とにかく行ってみようということになった。

2019.01.04
竜門山〜古部山〜境沢ノ頭〜棚横手山〜甲州高尾山
カテゴリー:ハイキング

2019年1月4日

新年の初山歩きで山梨県の知られざる山々をつないでみた。竜門山から境沢ノ頭と聞いてピンとくるならばかなり渋い山好みの人だろう。かくいう私もこれまでまったく眼中になかった山域だった。これから山歩きが多くなることを見越して、新境地の開拓をしようという「新年の抱負」の手始めというところだ。

山梨県はかなり山奥まで林道が拓かれているため、登山道がない尾根でも比較的アプローチしやすく、いざとなれば林道にエスケープもできるため、バリエーション愛好家によってけっこう歩かれていることがわかった。初めての山で読図しながら道なき道を歩くという楽しさを最近忘れているのではないか。そう思うと、駅から駅をつなぐ低山ハイキングも興味が湧いてきたのだった。

2018.12.21
南会津 小野岳
カテゴリー:雪山

2018年12月21日

前日は八溝山で手軽なハイキングを楽しんだ後、一路北上して南会津の大内宿へ向かった。甲子トンネルまでは雪が少なかったが、さすがにトンネルを越えると景色は劇的に変わった。小雪舞う曇天の中、突如びっしりと霧氷に覆われた山々が姿をあらわした。ようやくの雪山に、気持ちが色めき立つ。けれど峠を越え下郷に入ると再び雪が少なくなり、目指す大内宿の茅葺き屋根にも雪はまばら。大内宿の冬景色といえば、こんもりもっこり雪が積もった茅葺き屋根の家並みなので、なんだか貧相な感じだった。

小野岳は7年前の2月以来。そういえばあの時も釜房山から大白森へのテント泊だったところ、暴風のため釜房山から引き返し、その足で小野岳に向かった。無雪期にはコースタイム半日ほどの小さい山であり、その割には東京方面からは遠い山だ。今回も本来の計画から離れた次善の山だった。

2018.12.20
八溝山
カテゴリー:ハイキング

2018年12月20日

いよいよの雪山始めはテント泊を予定していたが、初日の予報が悪くなったため日和って日帰りに変更した。けれどせっかくとった日程だ。天気が良さそうな山を物色して行きがけの駄賃山行とした。茨城県の山は初めてだ。八溝山は茨城県で一番高い山らしい。

調べるとなんと山頂近くまで車道が通っている。そういう山は丹沢にもあったので驚くことはない。ちゃんと自然林に覆われた登山道もある。いくつかコースがあったが、移動距離が長いので一番手軽なコースとした。このような時でないと多分選ばない山だと思うが、このような時があっていくチャンスができた山だ。なにしろ初めての茨城県の山というだけで興味がわいた。