ブナの沢旅ブナの沢旅
2021.01.15
白倉山〜三依山
カテゴリー:雪山

2021年1月13-14日

豪雪で始まった今シーズンの雪山。南会津のスノーシュー山歩きには時期尚早だけれど、少し手前の塩原方面ならばそれほど雪も多くないだろうと、日光と塩原の境にある三依山で今シーズン初の足慣らしテント泊を楽しんだ。地味な山だけれど、豪雪の厳冬期にどこも行けないなんていう時には、駅から登って駅に下れる手軽な雪山なのだ。そしてそれ以上に、最初に自力で雪山テント泊をした思い出の山でもある。

2021.01.03
丹沢主脈
カテゴリー:ハイキング

2021年1月3日

新年最初の山は、がっつり歩きたいと久しぶりに丹沢主脈を歩いた。12年前に単独で歩いて以来なので、当時のコースタイムはあてにならない。確実に時間はかかる。日の短い今の時期に日帰りだと厳しいとも思ったが、大倉尾根は歩き慣れているのでヘッデン下山を織り込んで歩いた。

早朝の橋本駅から三ヶ木行きのバスに乗り、終点で接続している月夜野行きに乗り換える。休日なので登山者は思ったよりも多い(といっても10人に満たないが)。これまでの登山口の焼山ルートは通行止めになっているためバス停で数カ所先の平丸から出発。さすがに寒い。最初は沢沿いの荒れた道を行く。東海道自然歩道の焼山コースに合流するまではほとんど植林帯の急登となる。

2020.12.26
那須塩原 前黒山
カテゴリー:雪山

2020年12月24日

奥多摩縦走の山旅が2週続いたので今度こそは雪山始めといきたいところだったが、南会津の山は最近のドカ雪でとても手に負えそうにない。年内は無理かなと諦めていたところ、ひょんなことから塩原温泉奥の前黒山という地味な山で、なんちゃって雪山始めとなった。

馴染みのない山だが、昨年怪我をしてしばらく山行できない時に立ち寄った塩原の大沼公園近くで目にしたのが前黒山登山口という標識だった。地図を見ると登山道はないけれどけっこうな標高(1678m)がある。手書きの素朴な標識だったので地元の愛好家に登られている山なのだろうと、なんとなく頭に残っていた。

2020.12.21
雲取山〜石尾根
カテゴリー:縦走

2020年12月18-19日

先週の山行を終えたとき、次回はいよいよ雪山始めかなと思っていた。ところがその後山はとんでもないドカ雪にみまわれ、とても近づける状況ではなくなってしまった。たぶん年内は無理かもしれない。ということで、奥多摩に慣れよう!第二弾としてオーソドックスな雲取山から石尾根を歩いてきた。

最初は鴨沢からピストン日帰りを予定。11年前に電車とバス利用の単独でそれほど無理なく歩けた記憶があったからだ。けれど先週の酉谷山避難小屋まで同じ条件でコースタイムは1時間以上かかったわけだし、体力低下は明らかだ。そこで山小屋泊まりで石尾根から奥多摩駅まで縦走することで折り合いをつけた。