ブナの沢旅ブナの沢旅
2018.11.12
中川川地獄棚沢右俣
カテゴリー:

2018年11月11日

このところ週末に好天となる。できれば人出の少ない平日に行きたいところだがすべてお天気次第。遠出の沢はさすがにもう遅いので丹沢のなんと地獄棚沢へ。名前からして恐ろしげな沢だし、昔のガイドブックはすべての滝を登攀することを前提にグレードがついているので上級沢なんて縁がないと思っていた。けれど9月の本棚沢で味を占めたというのか、大滝は簡単に巻くことができてあとはそんなに難しくない沢。。という刷り込みができたのだった。

ちょっとググってみると、沢やでなくても丹沢バリエーションを楽しんでいる人たちにも結構歩かれているらしい。面白そうだと思ったが、晩秋の沢には特有の滑りが落ち葉にかくれていて難易度があがる。そこで今回は地獄棚沢前半は古くからある作業経路の探索を行い、二俣から遡行するというバリエーションハイキングに仕立ててみた。「なんちゃって沢のぼり」である。

2018.11.04
武尊山麓夜後沢
カテゴリー:

2018年11月4日

遠出の沢もそろそろ終わりの季節となったので、晩秋のしっとりのんびりした沢歩きを計画した。ん?そういえば、晩秋に限らず最近はいつものんびり沢歩きだ。そこで岡田敏夫氏の「上州武尊山」の中で紹介されている夜後沢を選んでみた。あまり記録はなく、どうも地味な沢らしい。ここはひとつ自分の目で確かめてみるのも悪くない。それに沢をたどって玉原の美しいブナ林を歩くというのもブナの沢旅にぴったりだ。

夜後沢へは水上駅から湯の小屋行きのバスがあるが、下山時間が読めず乗り損なう不安があったため上毛高原駅からレンタカーを使った。下山地点であるバス停一つ手前の長沢橋ゲート前に車を置き、夜後沢橋まで車道をあるく。藤原湖周辺の紅葉がちょうど見頃でとてもきれいだ。夜後沢橋をわたった右岸沿いの踏み跡をたどる。見下ろす夜後沢は小ぶりながら小滝を連ねている。

2018.10.23
奥鬼怒ヒナタオソロシ沢の滝巡り
カテゴリー:

2018年10月23日

奥鬼怒の沢旅三日目はクールダウンを兼ねて宿泊した日光澤温泉から遊歩道をたどり、ヒナタオソロシ沢の滝巡り。鬼怒川源流にはオロオソロシ沢とヒナタオソロシ沢という、一風変わったちょっとおどろおどろしい名前の沢がそれぞれ滝を落として本流に出合う。

二つの「オソロシ沢」は日向(ヒナタ)と日陰(オロ)という具合に本流の両岸に位置して対をなしている。そして「オソロシ」とは、大雨で瀑水が荒れ狂い大木を押し出すという意味をもつとのこと。名前とは裏腹に、どちらも今風にいえば「癒し系」の沢で、ヒナタオソロシのナメ滝はどれも豪快かつエレガントな雰囲気を醸し出していた。

2018.10.21
奥鬼怒コザ池沢北沢〜小北沢右俣中退
カテゴリー:

2018年10月21-22日

そろそろ今シーズンの沢旅も終盤に近づいている。しっとりとした紅葉の森を穏やかに流れる沢を歩いて思いっきり焚き火がしたい。夏に鬼怒沼から手白沢温泉に下った時に好印象だった奥鬼怒のコザ池沢は、晩秋か初夏と思って取っておいた沢だった。一般には日帰りされているが上流のまだ歩かれていない北沢から小北沢を周回することで沢泊のプランを立てた。

まだ遡行していない沢は一般の評価がどうであれ、自分がどう受け止めるかと楽しみだ。とくに上流の北沢の記録はほとんどないのでなおさらのこと。紅葉のナメ沢とちょっとした冒険にレトロな雰囲気の山小屋日光沢温泉を加えた充実した沢旅となった。