ブナの沢旅ブナの沢旅
2020.03.31
日向倉山〜未丈ヶ岳(中退)
カテゴリー:雪山

2020年3月25~26日

天候が安定していれば2泊3日で東北の山に行きたい所だが、今年は晴れても長続きせずめまぐるしく変化している。そんなわけで、早くも3月初旬に開通したシルバーラインを利用して遠いようで比較的近い未丈ヶ岳を計画した。私にとって因縁の山ともいえる山で今回が3回目となる。一度は時間切れ、次は山頂でホワイトアウトといった具合で、まだ未丈に登ったという意識がないのだ。

好天のチャンスを待ち、テント泊で余裕をもたせた計画とした。山頂手前の小峰の雪の状態が気がかりだったが、よくても悪くても、久しぶりのこの山を思い出と共に楽しもうと思った。

2020.03.20
鹿俣山〜獅子ヶ鼻山〜長沢〜尼ヶ禿山
カテゴリー:雪山

2020年3月17~18日

武尊山麓でブナ林の逍遥と展望を楽しむ山を三つつなげた小さな山旅に出かけてきました。獅子ヶ鼻は9年前に山仲間と越えた思い出の山です。今回は楽しかった思い出を胸に展望を楽しむために鹿俣山から往復したのち、ブナに囲まれた雪原広場でテント泊。翌日はブナ平を散策して長沢から尼ヶ禿山に登り、違う方角から武尊山麓のゆったりと歩いた道筋を追いました。

2020.03.10
阿能川岳〜小出俣山
カテゴリー:雪山

2020年3月8~9日

長年いつかはと気にかけていた阿能川岳から小出俣山の稜線歩き。ようやく宿題を一つやり終えた。阿能川岳は「ブナの沢旅」で雪山を始めた2年目に登り、初めて目にした谷川岳からマナイタグラ山稜の展望に印象付けられた。雪山を本格的に始めたきっかけの一つになった山と言えるかもしれない。始めたばかりは怖いもの知らず。力のある仲間にめぐりあえたこともあり次々と実力以上の雪山を経験した。

それから3年後には小出俣山から阿能川岳の縦走を計画した。準備しているうちに、隣にある魅惑の山稜に目が釘付けになり行けそうな気がした。そこで現地判断ということで、小出俣山〜阿能川岳と俎嵓山稜の2プランをもって小出俣山へ向かった。快晴無風という絶好のコンディションに助けられ、今振り返れば大胆不適な若くもない若気の至り(?)で俎嵓山稜から谷川岳へ抜けた。そんなわけで小出俣山から阿能川岳の縦走は、それ以来気になりつつ10年近くの歳月が過ぎた。

2020.02.28
三浦半島 岩礁のみち
カテゴリー:ハイキング

2020年2月28日

三浦半島先端にはいくつもの小さな入り江があり、それぞれの入り江は岩礁の海岸線で繋がれている。そこは関東ふれあいの道の名のもとに「岩礁のみち」として道標が整備されている。岩礁帯は潮の満ち干きによって歩くルートも多少変わるようだが、要所要所に道標があるため迷うことはない。

京浜急行の三浦海岸駅に降りると桜祭りの最中で駅前には出店が並んでいた。近くに河津桜の並木道があって桜と菜の花のコラボが観光客を呼び込んでいるとのこと。最盛期は過ぎたようだった。三崎港行きのバスで松輪で下車すると、バスを降りた足元にさっそく、関東ふれあいの道の案内プレート。その後も分岐のたびに標識が方向を示してくれる