ブナの沢旅ブナの沢旅
2022.06.27
マスキ嵐から畦ヶ丸
カテゴリー:

2022年6月

このところナメの沢歩きが続いていたので、少しは沢登りらしいことをしようと少し遠出の沢を計画したものの天候が不安定で落ち着かない。そんな時でも以前なら出かけたはずだが、最近はすぐに尻込みしてしまう。そこで電車とバスだけで気軽にいける西丹沢の、短くて登れる滝ばかりのマスキ嵐沢へ方針転換。久しぶりだし初心に帰ろうなんて、いつもの言種をひっさげて出発した。

曇り空ながら両岸の樹林が沢に映えて渓相が美しい。ホールドやスタンスが細かい滝が多いが、フリクションがいいので意外と登れてしまう。そんなわけで初心者の沢として人気があるのだろう。未見の沢ならば登れなさそうだから巻こうとするような滝も、様子がわかっているのでルートはこうだと仲間に説明しながら越えていく。

2022.06.10
世附川土沢三ノ沢〜三国山〜籠坂峠
カテゴリー:ハイキング

2022年6月10日

最近は沢歩きを入れたハイキングに安らぎを感じるようになっている。梅雨入りして天候が不安定だと少しの晴れ予報でも遠出をする気分になれない。以前なら、さあ行こう!だったのになあ。。と思うことはやめ(といいながら、まだちょっと)、梅雨の合間をぬって小さくて気が楽できれいな土沢三ノ沢へ。

クルマ利用でないメリットは出発点に戻らなくていいこと。後半は三国峠からゆったりとブナ林のトレイル(今は富士箱根トレイルという立派な名称がついているらしい)をたどって篭坂峠に下ることにした。

2022.06.04
参詣古道〜根本山
カテゴリー:ハイキング

2022年6月4日

なかなか思うような沢旅ができない。そんな時は沢にこだわらず面白そうなハイキングだっていいじゃないかと、安蘇山地根本山の参詣路に注目した。沢沿いの道なので沢を歩いたり登山道を歩いたりと、かつて人々が根本神社参詣のために歩いた古の道を歩いてみることにした。

根本沢自体はゴーロ沢で沢歩きだけではそれほど魅力があるとは思えないが、沢から根本山神社に至る参詣路として歩くととても興味深い。根本沢は桐生川源流林として今では自然保護の対象にもなっているようだ。登山口には立派な案内板が立てられ解説とともに参詣路の詳細図もある。

2022.05.29
中津川鎌倉沢〜南天山
カテゴリー:ハイキング

2022年5月29日

いつもなら山行の間は一週間ほどあけており、そうしないと疲れが抜けきらないのだが、今回は異例の中三日となった。しばらく天気予報が芳しくなかったことと、週末が久しぶりに両日とも晴天なので軽いハイキングならクールダウンだなんて理屈で強行した。しかも下界は真夏日予報のため少しは沢を歩きたいと選んだのが、いつか晩秋にでも出かけてみようと思っていた中津川渓谷の鎌倉沢。

沢沿いに登山道があり、展望のいい南天山に登るコースとなっている。標高差は数百メートルでコースタイムは4時間弱と半日コース。沢の途中には小さな沢に不釣り合いな法印の滝という立派な滝がある。修験者が修行を行った所から命名されたとのこと。今のニーズにピッタリではないですか〜