ブナの沢旅ブナの沢旅
2022.09.29
大行沢〜樋ノ沢〜南面白山
カテゴリー:ハイキング

2022年9月26日

最近の記録はぼやきから始まっている。世の中そう思うようには行かないことくらい、この歳になればよくわかっているだろうに。。と反省し、今回はすっきりと始めたい。台風一過の秋晴れが期待できそうなので、今年は機会を逃している東北に行きたいと急遽馴染みの二口の沢へ向かった。日帰りなのが残念だけれど、前夜発でいちにち目一杯遊ぶことにした。

コースはすでに何度も訪れているお気に入りの大行沢から樋ノ沢。南面白山に登って面白山高原駅に抜ける縦断ルートだ。仙台駅から朝一の仙山線で愛子駅に向かいタクシーで大東岳登山口へ。平日ながらすでに関東以西のナンバーが二台駐車しており、きっと大行沢なのだろうと思いながら出発する。

2022.09.20
南会津 七ヶ岳
カテゴリー:ハイキング

2022年9月11日

ようやく東北方面が安定した天候の週になりそうなのに、この週は所用が2件だなんて。。そこで珍しく土曜日の夜発で日曜日に七ヶ岳へハイキング。南会津の山は少しずつあれこれ登りたいと思っている。以前残雪期に舟鼻峠から駒止山地を経て七ヶ岳まで歩いたことがあった。三日間でいくつもの峠を越え黒岩山を経て辿り着いた七ヶ岳はなんとスキー場トップ。これがしみじみ心に沁みる山旅のゴールかと、おかしくて笑ってしまったことを思い出す。無雪期に登るなら護摩滝がある沢コースが面白そうだ。

新白河駅から道の駅きらら289まで進んで仮眠をとり、早朝登山口の駐車広場へ。登山道はすぐにぬかるみだしたので早々に沢靴に履き替えた。沢が近づいたところで赤テープが登山道の目印になっているが、それほど明瞭でもない。沢を歩いた方がわかりやすい。大岩ゴーロを進むとさっそく前方に護摩滝が見えてきた。

2022.09.06
一ノ瀬川小菅川本谷
カテゴリー:

2022年9月6日

今回も予定の沢旅は悪天候で中止となり、丹沢奥多摩方面のわずかの晴れ間をうかがっての日帰り山行となった。これまで遡行した沢の中で朝発日帰りでき、わりと好印象だった小菅川本谷を選んだ。仲間にとっては初めての沢だ。2014年に遡行した時は奥多摩経由だったが、松姫トンネルが開通してからは小菅方面は大月駅からも意外と近い。

大菩薩峠登山口の標識にそって林道終点へ進むとすでに車が2台駐車していた。やはり入渓者がいるかと思いながら踏み跡に沿って沢に降り沢装備で出発する。しばらくはゴーロの川原歩き。沢は8年前よりも荒れている。いずこも同じなので淡々と受け止める。しばらくするとワサビ田跡があらわれる。ここまでは往年の作業道があるようだ。

2022.09.01
西沢本棚沢
カテゴリー:

2022年8月29日

家でもジムでもトレーニングは好きでないのだけれど山をつづける体力維持には欠かせない。だからできるだけほぼ毎週、近くでも遠くでも、沢でもハイキングでも、どこかしらに行くことにしている。それが私のトレーニングだと思ってるから。だから時には「行きたい」よりも「行かなくちゃ」という気持ちになったりもする。

ということで悪天の隙間をみて西丹沢の大滝見物を兼ねた沢歩き。先週の米子沢がけっこうハードだったので今回は標高差も行動時間もほぼ半分にして夕方からの雨予報に備えることにした。西沢本棚沢は落差70mといわれる本棚を巻けば穏やかな沢となる。本棚登攀の記録もあるがどれを見ても苦戦していて快適な登攀とはいかないようだ。けれど本棚までは遊歩道もありハイカーが見物に来ることもできる場所にある。