ブナの沢旅ブナの沢旅
2021.03.01
朝日前衛 鍋森〜赤見堂〜離森
カテゴリー:雪山

2021年2月28日〜3月1日

福島沖の地震でしばらく不通になっていた東北新幹線が制限つきながら開通したので、東北の山旅を計画した。一昨年に初めて朝日連峰北端の赤見堂を訪れて以来、真っ白でゆったりとした山容の山々に魅せられた。そこに鍋森、離森山があることを後で知った。今年こそはと早々と計画しタイミングを待っていた。

朝発では一番条件のいい日曜日の半日がつぶれてしまうので、久しぶりに前夜発とした。そうすれば当初の予定である鍋森と離森だけではなく、赤見堂まで足をのばせるかも知れないと期待を膨らませた。

2021.02.20
山毛欅沢山
カテゴリー:雪山

2021年2月20-21日

やっぱり南会津の山に行きたい。週末は強風なのに晴れ予報に飛びついて昨年行きそびれたブナ街道北端の山をめざした。深雪が心配だったのでいつもの朝発ではなく前夜発を目指してレンタカーを予約しようとした所、地震で東北新幹線が那須塩原から不通のためかどこも満車。ならば最終列車で会津高原駅まで進んで翌早朝にタクシーと思ったら朝は8時からだと断られる。そんなわけで結局いつも通りの遅い出発となったが山中2泊の予定なのでなんとかなるだろうと現地に向かった。

好天の週末。檜枝岐行きのバスはめずらしくスキー客が多かったが、みな高杖スキー場で下車してしまい登山者はやっぱり自分たちだけとなる。大原集落手前で降ろしてもらい雪がたっぷりついた深瀬沢の鉄橋を渡るとまちに待ったブナの山旅の始まりだ。何度も訪れている山なのに何が違うのか、他のなんども登っている山とはまったく気持ちが違う。どうしてなのだろう。

2021.02.15
日白山
カテゴリー:雪山

2021年2月14日

ほんの3日前の社山が軽い山歩きだったので疲れも残らず、好天に誘われて谷川連峰の展望台、日白山へ。できれば稀に見る土日の好天に山中泊をしたかったのだが、土曜日は外せない用事があったため、一日朝発で行ける所を探した。できるだけ人出の少なそうなゆったりとした山がいいと、以前好印象だった土樽の蓬峠方面を考えた。ところが前夜の地震と日中の気温上昇などから雪崩が心配となり、急遽おなじみの日白山に変更したのだった。最近はとても人気の山となっているので休日は避けたかったが、別案が浮かばない。まあ、そういう山は丹沢などのように人に会うのが当たり前と割り切ることにしている。

2021.02.10
日光社山
カテゴリー:雪山

2021年2月10日

天気の良さそうな雪山ということで、久しぶりに日光の社山へ。出発点の中禅寺温泉自体がすでに標高1250mなので1827の山とはいえ軽いハイキング気分で出かけた。社山自体はそれほど魅力のある山とは思えないし、峠から往復三時間ほどの短いコースなのだが、中禅寺湖と周りを取り囲む山並みの景色が美しい。むしろアプローチの阿世潟峠までの湖畔歩きが気持ちよく、時にはこんな風にゆったりと半ば観光気分で雪化粧した山と湖と森を楽しむのもいいものだと思えた。