ブナの沢旅ブナの沢旅
2021.09.25
南ア前衛 神宮川ヤチキ沢
カテゴリー:

2021年9月24日

沢泊の山旅の日程が立てづらいため、日帰りできていつもとは違うタイプの沢を開拓しようということになった。まずは南アルプス前衛の日向山周辺で、短く手軽に遡行できるヤチキ沢を選んだ。登山地図には名称が出ていないくらいの小さな沢だ。ここならば当日発でも無理なく遡行できる。小淵沢駅からも近く、サントリー白州工場の敷地沿いの林道を進みアクセスもいい。

神宮川はもともと濁川という名称を変更したもので全国的にも珍しいケースとのこと。歴史的に濁川からは毎年若者の奉仕活動で明治神宮に白玉砂利の奉納を続けてきた。後年になり美しい河川でありながら「にごり川」ではイメージにあわない。折から「サントリー工場の建設等色々の面での開発が進められ」神宮川は脚光を浴びる川になるだろう。(以上、山梨歴史文学館広報の概要)これを読んで、なるほどサントリーウィスキー白州工場の源泉が濁川ではイメージよくないものねと、妙に納得する。

2021.09.15
大津岐シロウ沢〜金山沢下降〜 中門沢
カテゴリー:

2021年9月13-15日

いつか中門沢へ、の想いがようやくかなった。当初は奥只見の袖沢林道からミノコクリ沢をへて中門沢という計画でいたが、林道からミノコクリ沢に入るのは崩壊が激しく苦労しそうだという思いにとらわれ月日がたった。それが今年になって再浮上した。最近は沢泊の旅ができるのもあとわずかだろうという思いが常につきまとっている。だから今のうちに、長らく心に留めていた沢に行きたいという思いがこれまた強くなっていたのだった。

でも、どうして中門沢なのか。尾根を隔てた隣には御神楽沢という名の知れた人気の沢がある。まずはこちらを遡行するのが順序では?そうなのだけれど、あまのじゃくな性格なのか有名沢の隣の沢というのが自分の性格に合っているような気がする。以前東北の戸立沢という沢に入った時も、有名な笹木沢の隣の沢というのがけっこう心地よかった。そして自分にとって、とてもいい沢だった。。。などというと、きれいな言葉になるけれど、実際には南会津の沢に憧れつつも体力技量的に行ける沢は限られていて、中門沢もそんな沢の一つだということ。(なあ〜んだ。。。)

2021.09.07
豊沢川大沢川〜駒頭山〜穴ノ沢下降
カテゴリー:

2021年9月7日

駒頭山はざっくり言うと花巻、鉛温泉の奥山で、最後は北上川へと流れ落ちる豊沢川源流のひとつ大沢川の源頭にある山だ。おおむね穏やかな沢で中流域は小滝をちりばめ、突然水枯れした涸棚登りになるかと思うと再び水がでてちょっと楽しいナメ滝が続き、最後は藪もなく登山道に導かれる、ブナ林の雰囲気が魅力の山だといえる。

最初は2012年1月に鉛温泉スキー場から登った。雪がたっぷりのブナの森が印象的で松倉山から駒頭山をたどった。2回目は2017年6月で八幡平の沢ハイキングの帰り道、鉛温泉に立ち寄ったついでにさくっと新緑ハイキング。そして今回は沢歩きの周回ルートだ。これで山を雪山と沢で繋ぐという、ブナの沢旅的テーマのささやかな完結となる。な〜んてね。

2021.09.06
ナメトコ沢〜ナメトコ山〜西ノ股沢下降
カテゴリー:ハイキング

2021年9月6日

十年ほど前の雪山シーズンに駒頭山を訪れた時から毒ヶ森山塊に興味を持った。やはり宮沢賢治の童話の世界だという想いが、この低山の里山に特別な意味合いを添えている。その時「ナメトコ山の熊」のナメトコ山が漠然とこの山域を指す山名ではなく、実在する山であるということが地元有志の方の調査で判明したという事実を知った。

今では国土地理院の地図にも山名が記載されている。いつかナメトコ山にも行ってみたい。いつも計画リストにはあったけれど機会がなく、今年の晩秋こそはと思っていた。このところ長雨だが、北東北は降雨帯からはずれているため、計画を前倒しにして十年越しの想いを実現させた、というのは少し大げさだけれど。。