ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2023.04.27
世附川三ノ沢〜明神山〜三国山〜籠坂峠
カテゴリー:備忘録

2023年4月27日

しばらくは日帰りハイキングが続く。当初は以前から一度行ってみたかった奥武蔵のウノタワを予定したのだが、調べると目当ての広場はまだ冬枯れの様子。梅雨入り前の頃が苔がみずみずしく美しくなるようだ。そこで急きょ延期して、代わりに軽く沢歩きを入れたゆるふわ山歩きで、お気に入りの三国山稜を歩くことにした。

真夏のような暑い日が続いているので沢始めというほどではないけれど、ちょうどいい選択かもしれない。久しぶりに沢ぐつを履き沢に足を入れてシーズン到来を実感する。もうそれほど沢旅はできないかもしれないが、こんなふうな小さな沢歩きならまだ続けられそうだ。

前日の降雨で水量は多少多めだが、この沢はそんな時が遡行適期となる。小滝ばかりながら釜が深いので意外と水に浸かったりして楽しい。二俣から先のナメが始まるところで単独の釣り師がいて驚く。思わずこの沢に魚いるんですか〜なんて言ってしまう。小さなのがね、だそう。雰囲気を楽しんでいるのか、快く私たちを先行させてくれた。

遡行時間は短く、あとは五つもある堰堤と林道を越え登山道へ。芽吹きの樹林帯を登ると展望のいい明神山にいたる。以前来た時はガスで展望がなかったが、今回は正面に大きな富士山と眼下に山中湖、その奥には南アルプスの山々が未だ白い。とても気持ちのいい山頂に長居をして三国山へ向かう。

少し標高が高い三国山稜はまだブナの芽吹きが始まったばかり。大洞山をこえ、アップダウンのほとんどない散策路のような山道をつたって籠坂峠に下った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

明神峠8:15ー入渓9:10ー明神山12:45/13:15ー三国山13:50ー籠坂峠15:35