ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2017.11.13
博士山
カテゴリー:山歩き

2017年11月13日

 

博士山にはまだ行ったことがなかった。漠然と「南会津のブナの山」というイメージがあり、「南会津」とか「ブナの山」というだけで行きたい山のはずだったのだけれど、なぜが縁がなかった。11月下旬からはまた山に当分行けなくなる。いまのうちにハイキングでもいいからどこか遠くの山に行きたくて、博士山に行ってみた。

アクセスは思ったほど悪くはなかった。積雪期は登山道のない西面の琵琶首から登られているが、北側にちゃんと登山道がある。ただ地形図をみるとあまりゆったりとしたブナ林の登山道とは思えず、かなり等高線がつんでいる。どうも自分が思い描いている博士山は冬の山で、無雪期は様子が違うような予感はしていた。

まあなんでもいいや、行ってみよう。天気はよかった。登山道を歩き出すとすぐに急登となりどんどん標高をあげていく。ひたすら登る。ようやく傾斜が緩みおだやかな様子となるが、登山道付近の樹林帯は伐採林然としている。前日雪が降ったようで、次第に道は新雪に覆われる。

頂上に着いた。灌木に囲まれていてあまり展望がない。なんだかそっけない山頂だ。でもまあこれが無雪期の博士山なのだ。積雪期には潅木も埋まり展望が良くなるだろう。雑然とした雰囲気も雪に覆われすっきりするはずだ。やっぱり博士山は積雪期の山だった。登山道のない西面は中腹に林道が伸びているが、その上は伐採を免れたブナ林が残っている。

積雪期に出直して博士山のイメージの名誉挽回をはかりたい。