ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2023.03.03
山毛欅沢山〜小手沢山
カテゴリー:雪山

2023年2月27-28日

雪の状態の読みが甘く、計画を大幅に変更した山歩きとなった。とはいえ、当日発では歩き始めるのが11時近くなるため、会津高原尾瀬駅近くの夢の湯で素泊まりできることを確認して前夜発とした。暖かい日があるとは言えまだ厳冬期なので、昨年の夏、道行沢を遡行した時に出会ったマザーツリーに立ち寄ってから西沢に下り、以前から気になっていた窓明山近くから派生する端正なブナ尾根を登るという控えめな計画にした。残雪期には朝発で、稲子山から坪入山へと1泊で何度か歩いているコースでもある。

小立岩から出発する方法もあったが、幕営地確保のため同日に稲子山を越える自信がなかった。一方小沢山直下のいつものテン場なら山毛欅沢山経由で大丈夫だろうと考え深沢出合の尾根から出発した。積雪があるため取り付きの急斜面は平らにならされいつもより登りやすい。

赤岩橋からの尾根が合流するあたりから尾根が緩やかになる。新雪のさらさら雪でスネほどのラッセルもそれほど苦にならない。これくらいなら楽しくていいなどと言いながら進むが、歩みは当然おそい。1350mからしばらくはブナが整然と居並ぶ雪原台地のような広尾根となる。このルートで一番好きなところで、朝発で深雪のときはこの辺りにテントを張ったことも何度かある。

山毛欅沢山が近づくと細尾根となり、残雪期ならずんぐりとした箇所がちょっとしたナイフエッジの形状となる。一と登りでブナ街道と呼んでいる稜線にでた。計画ではここから小沢山へ下るはずだったが稜線に出るまでに今までで(たぶん)一番時間がかかったため途中で相談の末計画を変更することにした。中途半端に進むよりはいさぎよく諦め、出直せばいいということになった。

ということで、まずは小手沢山へ向かう。何度も歩いている尾根ではあるが、ブナの沢旅のホームグラウンドのような山なのだ。昨年仲間のクラックへの滑落という思わぬアクシデントで撤退した古町丸山がとても明瞭に見渡せる。

小手沢山を越える余裕はあったのだが、山頂手前で丸山岳から梵天岳から火奴尾根が正面に見える平坦地で足がとまる。ここに泊まりたいと言ってザックをおろす。元の計画はなくなったので自由気ままな山歩きでいい。早々とテントを張り中に入るといつまでもポカポカ暖かく明るい。山に来るたびに日が長くなっていることを実感する。展望抜群のテントサイトではあったが、夜になると風が強くなってきた。

最近はテントで熟睡できなくなっており、夜中に黒谷川から吹き上げる風の音を聞きながら早くも里心がついてしまう。なんで好き好んでこんなことしているんだろうかとか、明日はバスを一本早めて帰ろうなどと思いながらようやく寝ついた。

 

 

 

 

 

朝明るくなって外を覗くと那須連峰方面の朝日が美しい。昨日の段階ではせめて恵羅窪山まで往復しようなどと思っていたが、朝食をとりながら小手沢山を空身で往復して帰ろうということになった。どんどん予定が縮小していくが、初日に十分きれいなブナの雪尾根ラッセルを楽しんだことで満足してしまう。

きっと上り調子にある若い世代の人ならば山に対する満足度のレベルがどんどん上がっていくのだろうけれど、私たちの場合は逆で、最近は山に来るというそれだけで、気持ちがほとんど満たされるような気がする。言い換えると、行き先を決めて準備をして家を出るまでが気分的にも大仕事になっている。

帰り支度を終え、ザックをデポして文字通り空身で小手沢山へ。山頂だけダケカンバに覆われた平凡な山だ。いつも地図を眺めては塩の岐源流に下ってみたいと思う。山頂から源頭を見渡しながら、その先の古町丸山への尾根へジャンプできないかなあと。恵羅窪山方向の尾根は日が当たらず薄暗いため未練がなくていい。

 

 

 

テントサイトに戻り自分の影と丸山岳を重ねてから山毛欅沢山へ向かう。地図では尾根のどこも同じような展望に思えるほどの距離だが、意外にも展望のいいスポットがあって、浅草岳奥の会越の山々から会津朝日から丸山岳、さらに三岩岳への尾根が見渡せる。こんなによく見えたかなと思うが、積雪が1m違うだけでも展望がよくなるのでそのせいかもしれない。

山頂は、残雪期ならば雪庇も落ちついて平らになるが、今は大雪庇で山頂を極めるのをためらってしまう。まだ一ヶ所もクラックがなく真っ白で美しい。稲子山方面を目にして次はこっちね。バスは1時半なので時間は十分だが登りに時間がかかったので気を抜かない。とはいえラッセルが深かったところも下りは早い。何度も時間調整の休憩をとりながらバスの時間には1時間ほど早く深瀬沢の橋へおり立った。

 

 

 

 

駅のホームで男性が声をかけてきて、鉄道と温泉の旅をしていて夢の湯に浸かってきたとのこと。いいお湯と料理が美味しいと評判の宿だそうで(えっ、知らなかった〜)、3月下旬だったか所さんの何とかいう番組で夢の湯が紹介されるのだと教えてくれた。

鳥井戸橋7:00ー稜線13:25ー幕営地14:50//6:50ー小手沢山7:05/7:20ー山毛欅沢山8:50ー鳥井戸橋12:40