ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2009.04.20
モミソ沢~小草平ノ沢下降
カテゴリー:備忘録

2009年4月20日

桜の季節が終わり新緑が萌え始めると、そろそろ沢の季節だなあと感じます。最近はずっと雪山歩きばかりしていたので、沢の感触を取り戻すために近場の短い沢でウォーミングアップをしてきました。

モミソ沢も小草平ノ沢も短い流程ながら登れる滝が連続する初級の沢。できたらモミソ沢出合の懸垂岩で岩トレも予定していたのですが、近くに鹿の死骸があったのでそそくさとモミソ沢へ。

私たちには簡単すぎることもなく、徐々に岩の感触がよみがえっていくようで楽しめました。最後の涸れた大滝はYさんがリードに挑戦。上部の難関も何とかクリアして登りきりました。

のんびりしすぎて大倉尾根に出たのがおそくなり、このまま尾根を下ってしまいたい気持ちになりましたが、今回のもう一つの目的がスピーディーな懸垂下降とロープ捌き。重い腰をあげて小草平ノ沢へ急降下。ここは本格的に沢を始めた2005年の秋に始めて単独で入った思い出の沢です。

短い沢なので時間がかからないと思ったのですが、滝の多い沢の下降はよほど慣れていないとかえって時間がかかることを痛感しました。下から見上げれば簡単な滝もロープ無しで下るのは難しく、懸垂下降の連続でした。

ロープさばきもまだまだ未熟なため時間がどんどん過ぎていきます。ある記録では下降時にザイルを出したのは2箇所とあり、ビックリ!でも楽しくトレーニングをやって弱点を再認識でき、有意義な沢始となりました。