ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2012.10.27
塔ノ岳〜丹沢山〜鍋割山
カテゴリー:山歩き

2012年10月27日

 

シーズン中は毎週のように遠出していたが、今回は時間的にも気持ち的にも余裕がなかったので、久しぶりに丹沢へ。ささっと行けて準備もいらないし、なによりも気が楽だ。いちおう蛭ケ岳を目ざそうと、始発の電車でいざ出発。

これからが丹沢シーズンの盛りなのか、始発バスに長蛇の列。なんと始発前に臨時便がでて10分得した。始発ハイカーはみな気合いが入っているのかドンドン追い越されて行くが、休まずマイペースで9時半に塔ノ岳へ。この調子なら蛭ケ岳に行けそうだったが、天気が悪くガスで視界も皆無。あ~あ、帰ろうかな。でもトレーニングと割り切って一応丹沢山へ。先へ進もうという気が起きないほどの濃霧で寒く、そそくさと下山することにした。

ところが塔ノ岳に近づくとガスが晴れ、見下ろす谷筋の紅葉が美しい。当然だが、とたんに気持ちのガスも晴れていく。丹沢主脈の稜線は相変わらずガスっているが鍋割山稜は晴れている。急遽方針を変えてまずは塔ノ岳へもどると、紅葉シーズンのためかものすごい人出で賑わっていた。そそくさと山頂を去り、鍋割山陵へ進む。そういえば、冬も同じようなシチュエーションで雪景色のブナ林を散策したことを思いだす。

今回は早出組がわりを食ってしまった天候だった。昼ころからは青空が広がり、紅葉が始まったばかりのブナ林を美しく演出してくれた。東北のような萌えるような紅葉とはいかないが、控えめな色づきが渋くて都会的・・・

蛭ケ岳はおあずけとなったが、忍耐系のトレーニングに終わらず、清々しい秋の雰囲気が感じられたハイキングとなった。時間がとれれば11月の始めにもう一度ブナの尾根を歩きに来たいと思った。

*

コースタイム:記録せず