ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
カテゴリー:雑記帳
2020.08.05
中高年のナルミズ沢は2泊3日で

ようやく梅雨が明け、気持ちはさあ沢旅にでよう!なのですが、例年にない長雨で沢はいずこも増水が予想されます。おだやかな沢が多い東北は天候がイマイチ。谷川、会津方面がよさそうなので自粛中に計画を作っていた楢俣川のまだ入っていない沢へ行きたかったのですが、とにかく増水に弱い弱小パーティなのでう〜ん。

ということで、わたしは何度も入渓していて安心感があり、なぜか仲間はまだ行ったことがないナルミズ沢に落ち着いたのでした。ナルミズ沢は唯一単独入渓して沢泊したこともある安心感のあるキレイな沢なので仲間にも一度は行く価値があるということを伝えていたところでした。ただ沢を詰めてからの下山路は、朝日岳から白毛門ルートは暑さと体力消耗が予想されるため宝川に下ることにしました。

いつものように東黒沢に入ると予想通りこれまでで一番水量が多く、過去のコースタイムはまったくあてになりませんでした。ウツボギ沢出合いの広河原でタイムアップの幕営。翌日の長時間行動は覚悟の上で、こちらは多少の増水でむしろ以前よりもキレイだったナルミズ沢を楽しく遡行して雰囲気のいい源頭部へ。これで終わればいいのですが、これから朝日岳経由でテン場に戻り、テントを撤収して宝川温泉へ下らねばなりません。

でも、結局は疲れ果ててしまい時間も押して宝川への下山はできませんでした。途中で早くもその予感がしたため相談の結果、無理しないで延泊が可能なのだから自然体で行こうということになりました。そのため疲れたけれど気が楽になり、予定通りではないけれど想定内の延泊ということでベースキャンプに2泊して翌朝下山したのでした。

ナルミズ沢はいわゆる癒し系の沢なのでしょうが、体力のある人にとっていえることだと再認識。なので、自分を含め年を重ねて体力が衰えてきた人は諦めず初めから2泊3日の予定で計画すれば無理なく楽しめる沢だと思いました。それにしても2回も単独入渓して2日目の夕方には白毛門登山口に下山したなんて信じられないと、遡行中何度呟いたことか。。

 

 

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.07.08
四万川での遭難事故について

本日7月8日の午前9時頃、群馬県中条町の四万川で沢登りをしていた4人パーティの30代男性と20代女性が流され、女性は行方不明になったというニュースがありました。

連日の雨で現地では大雨情報がでていたという中での沢の事故に驚いたのは、四万川は数年前にわたしも遡行したことのある沢だったからでもありました。それほどメジャーな沢ではないし、悪天候の中での入渓なので、かなりの経験者がリーダーなのではないかと思う一方、そういう人ならばこのような天候で増水した沢に入らないのではないかなど、いまだ詳しい情報がないのであれこれ推測するばかり。

四万川本谷はそれほど難しい所もなく渓相がいいということで遡行してみたのですが、ゴルジュが続きわたしの苦手なへつりが大変でした。増水時には平水ではなんでもない平瀬でも足をすくわれやすく、何度か怖い思いをしたことがあります。一度態勢がくずれるとちょっとした流れでもあっというまに流されてしまうのです。

ゆったり沢納めで入渓したのにえらい苦労した沢だったので、今回の事故について少し思うところがありました。とくに流された女性はまだ若い大学生とのこと。増水時にあまり経験のない人が入る沢では決してないので、ほんとに心が痛みます。

 

https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20200708/1060007183.html

四万川本谷:遡行記録

 

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.06.27
会越 八十里越のロマンと現実

県外移動自粛が解除になり最初に行きたいと思ったのが会越方面でした。最初は沢旅をと思ったのですが、日程の都合や天候不安などから山旅に切り替え八十里越を歩いてきました。前回は秋の紅葉時期だったので、緑の季節をもう一度歩いてみようと思ったのでした。最初に歩いた緑の季節が2008年6月1日なので12年ぶりです。あの時は1日で駆け抜ける体力がまだあったのだと今回あらためてビックリしました。

ブナ林の美しい古道という響きだけでうっとりとしてしまうのですが、現実はそれほど甘くありませんでした。アメとムチの八十里越なんていったら大げさかもしれないけれど、崩壊が進んでいるのでしょうね。すんなりいかないところもたくさんあって、けっしてノスタルジアに浸るだけの山旅とはなりませんでした。
これまではそんな風に強く感じたことがなかったのになあ~。。

3回目だという気の緩みからか、何度かうろうろしたことが納得いかず自分に腹が立ち、(帰りの電車で)だからまた行かないと気が済まないといいだして仲間に笑われてしまいました。とはいえ、歴史を知れば知るほどなかなか味わいのある山旅となりました。そして、行くならば山の色彩に変化がありルートもわかりやすい秋がお勧めですね。

ちなみに、今年は八十里越に直接間接にゆかりのある映画が2本上映予定だったのですが、今回のコロナ禍のためにどちらも上映延期(未定)になっているようです。一本は原作が司馬遼太郎「峠」で、河井継之助を主人公とした「峠 最後のサムライ」、もう一本は最後の瞽女と言われた三条出身(八十里の越後側起点)小林ハルさんの人生を描いた「瞽女」です。とくに役所広司の演じる河井継之助の映画のタイトル「峠。。。」は八十里越が重要な舞台なので、どのように描かれるのか上映が待たれるところです。(こういう場合はたいがいガッカリするのが常なのですが。。。)

 

 

(最後の写真はいつ完成するとも知れない国道新289号線の橋梁建設現場の遠望です)

 



1件のコメント

  1. akoです。

    そういえば最近は雑記帳でささっとお茶濁しの感想ですましているなあ〜と気付き、いかんいかんと自己レス。
    少しずつ山行制限も緩和され、解消されていくなかで、なまった体を動かしたいとけっこうハイペースでおでかけしたのも一因です。
    これからの1週間ほどは天気も悪いので予定なし。短くても記録をまとめてキャッチアップします!!

    と、ここに宣言。

    Comment by akiko — 2020年6月24日 @ 9:31 PM

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.06.19
名を知らぬ沢から古礼山〜雁坂峠へ

未知の沢のささやかなワクワク感を求めて、雁坂トンネル脇の小さな沢から古礼山に登ってみました。これまで遡行したことのある証明された綺麗な沢歩きもいいけれど、たまにはちょっとした冒険もしたくなります。(といっても、ほんとにちっぽけな冒険ですが。。)

出だしは冴えないのですが、次第に沢幅も広がってナメが多くなり、登るにつれて面白さが増してきました。悪いところは全くなかったですが、ナメが少し滑っているところがあるのと、やはり荒れ気味だったことが残念かな。源頭部は藪がまったくないすっきりとした笹原でとてもいい雰囲気でした。のんびり歩ける古礼山へのバリルートといったほうがいいかもしれません。意外なことに、南西尾根に合流するとテープがでてきました。あとで調べると南西尾根は歩いている人がいることがわかりました。

ナメの美しい古礼沢はかなり気に入っていて2回遡行していますが、まだ古礼山にタッチしたことがなかったので、ちょっと山頂にこだわったのでした。当初は水晶山鞍部から沓切沢に下るつもりでしたが、沢が荒れ気味だったのと、尾根歩きが気持ちが良かったので予定を変更。すこし遠回りになりますが、雁坂峠を回って下山しました。

今年はこれまで計画倒れにおわっていた奥秩父の沢旅をいくつか計画しているのですが、今年こそ実現したいと願いながら帰路につきました。

 

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.06.14
沢で焚き火@足尾 仁田元沢

まだあまり遠出はできないけれど、梅雨入り前に沢に泊まって焚き火がしたい、石塔尾根とやらを歩いてみたい。ということで、松木川仁田元沢へ行ってきました。一般には長めの日帰り沢ですが、体力的に余裕をもたせた、のんびり焚き火の沢泊まりです。時間の余裕があるので、わざわざ行くことはなさそうな庚申山まで足をのばしてから石塔尾根の稜線漫歩を楽しもうというもくろみでした。

仁田元沢は数年前に笹ミキ沢を遡行して尾根を越え下降したことがあります。何もない沢だけれど渓相はいいという評判通りの沢で、下降するにつれいい感じになっていったので、のんびり歩くにはちょうどいいと思ったわけでした。

木漏れ日で煌めく沢歩き。大岩ゴーロなのだけれど白い花崗岩なので悪くありません。ちょっと丹沢の玄倉川を思わせる雰囲気でした。前回下降した時に印象に残っていた中洲台地は格好の幕営地。無心になって焚き木を集めて火を熾します。このゆったりとした時間がとても好きなのです。今年は残雪期の焚き火ができなかったので、ほんとに久しぶりでした。これからもっと楽しめたらいいなあと心から思いました。

翌日は早々に源流遡行の雰囲気でスッキリと稜線に乗り上げました。ザックをデポして庚申山へ向かいます。登山道はありませんが、テープがあったり踏み跡があったりとけっこう歩かれている様子。間近に見える皇海山は凛々しく美しい山容です。石塔尾根は登山道がないとはいえかなり歩かれている人気の尾根。松木川側の荒涼とした岩稜の山筋と仁田元沢川のゆったりとした緑豊かな源頭部が対照的で興味深い稜線漫歩でした。松木川の川原からも見える「孤高のブナ」にも初めて対面。なぜ一本だけブナが生えているのか、以前はもっとあったのか知りたいところです。

心配していた重いザックを背負っての体力は、軽量化も心がけて大丈夫だったのでひとまず安心しました。ただ、大いなる反省点があります。沢旅の場合いつでも必要なときに水が得られるので水を運ぶという習慣があまりありません。そのため縦走中に必要な水分量を軽く見てしまい、水分不足でとても辛い思いをしました。最後は熱中症になりかけてしまったのでした。当日は麓の町でも30度を超える今年一番の暑さだったとのこと。これから気をつけなければならない苦い教えとなりました。

 

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.05.27
奥利根 楢俣川のデート沢あれこれ

ようやく緊急事態宣言が全国的に解除され、山にも行けるようになりつつあります。といってもまだ県境をまたぐ移動は自粛要請などと言われているので、大きなザック背負って電車で遠出はもう少し先でしょうか。しばらくは県内で沢トレと山歩きのつもりです。ふりかえればこの一年(去年6月〜今年5月)は最初の2ヶ月は怪我、最後の2ヶ月はコロナ禍のため4ヶ月もなくしてしまいました。これから思うように行きたい沢と山に行けるのか、体力がついていけるのか期待と不安な気持ちでいます。

ということで、気持ちは思い出から未来の沢旅計画へ。お休み中にたくさんこれまでの記録を見直したり、新しいリストを作ったりして東北、南会津、会越、奥利根、足尾、奥秩父の妄想の沢旅を楽しんできました。その一つとして、今年は久しぶりに奥利根の楢俣川に行きたいと思っています。奥利根というと険谷が多い印象ですが、楢俣川の沢はどこも穏やかです。すでに洗ノ沢、ヘイズル沢、狩小屋沢、後深沢、ススケ沢、奥ススケ沢に入っていますが、どの沢も特に難しいところのない明るくキレイな沢で好印象の記憶しかありません。

誰が言い出したか「デート沢」。ようするに明るくキレイで難しくない沢ということでしょうか。赤木沢とかナルミズ沢などがよく引き合いに出されますが、これまで遡行した楢俣川の沢はみんな「デート沢」または「癒し系の沢」といっても間違いではないでしょう。今回は、その中で人気のヘイズル沢と、無名ながらお勧めの後深沢、尾瀬を見下ろす天空の湿原へ導くススケ沢の沢旅写真集です。

 

ヘイズル沢左俣

後深沢〜狩小屋沢

ススケ沢〜ススケ峰湿原

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.05.17
本棚登攀せずとも楽しい西沢本棚沢

 

山行自粛の日々が続いています。39県の緊急事態宣言は解除となりましたが、私の住んでいる神奈川県は従来通り。今月21日に再度見直しの判断が行われるかどうか、予断を許さないところです。もし解除になっても他県への移動は当分控えなければならないようですが、県内の静かな山なら再開できるかもしれないと、内心期待を寄せているところです。

そうなったら先ずは足慣らしで歩いて、その後は沢にも行きたいです。当面はトレーニングを兼ねて丹沢で沢の感覚を取り戻すつもりでいます。油断は禁物という声があちこちから聞こえて来そうですが、やはり心ソワソワしてしまいますよね。ということで、そろそろ終盤にしたい思い出の写真集は、当面の山行フィールドとなる丹沢の西沢本棚沢を選んでみました。

 

もちろん本棚登攀など論外で眺めるだけ。沢ハイカーにとってはもう見るだけで満足です。ここは明瞭な踏み跡経路を使って高巻けば、その後はわたし好みのしっとりと穏やかな溪相となります。(高巻きして沢に下る方が緊張しました)二俣は左右どちらへも詰めることが可能ですが、右俣に進むと最後の詰めは苔むした日本庭園風の斜面でヤブこぎもありません。ブナ林が美しい広尾根から畦ヶ丸近くの登山道にでました。

写真集



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.05.12
奥秩父の美溪 豆焼沢の思い出

今では入手困難な「東京周辺の沢」で奥秩父北面を代表する沢として紹介されている豆焼沢は、これまで三度遡行しているほど思い入れのある美しい沢です。

始めて遡行したのは沢の会に入りたての2005年6月で、最初は水晶谷の募集でした。私でも参加できるかとリーダーに問い合わせたところ応募は私一人だったため、水晶谷は私には難しいので豆焼沢にしましょうと変更してもらい実現した沢でした。後から思えば、入会2ヶ月でいきなり豆焼沢というのもなんですが、実力者ぞろいの会だったので、私のような新人初心者でも最初からいろいろな経験をさせてくれたのでした。(なにしろ入会したてでセトの沢右俣大滝やイイハシノ大滝を登らせてくれるほどでしたから。。。)

若くて頼もしいリーダーに連れられて、難しいところもない美しい沢遡行を楽しんだという記憶だけが残った豆焼沢でした。そんな記憶があったので、その後「ブナの沢旅」をテーマに自力山行するようになってしばらくたった2011年に再び豆焼沢へ向かいました。ところが、奥秩父らしいしっとりとした森林美と美しい溪ではありましたが、かつての記憶ほどにスイスイとはいかず、こんなに苦労したかなあ〜と思うことがしばしばでした。その時にしみじみと、連れて行ってもらうのと自力で行くのでは全く違うということを実感しました。

その後もう一度訪れた時は、かなり増水していました。自力だったら大変だったと思いますが、私よりずっと経験のある仲間と一緒だったので、時に助けてもらいながら増水で美しさを増した沢を楽しく遡行しました。そんなこんなでこれまで三度遡行している思い出ある豆焼沢は、何度でも行きたいお気に入りの沢となったのでした。(写真集は2014年3回目の遡行です)

写真集:

 

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.05.07
岳人掲載の「滑床渓谷」顛末記

非常事態宣言は5月末まで延長になり、山がまた遠のいてしまいました。近所の散歩は時々しているものの体がだんだん重くなり、実際体重が増え始めています。早く山を再開したいという思いは誰もが抱いていることでしょうが、ここは堪えどころですね。

さてと、新緑のきれいな5月に入ったので、今回からはこれまでの沢旅を振り返ってみましょう。まずは10年前のちょうど連休明けに飛んだ四国四万十川源流の滑床渓谷の写真集です。滑床渓谷の記録は当時の岳人編集部の方の目に止まり、翌年の五月号の「五月のいい山」として紹介された私にとっては思い出の記録となりました。それだけではなく、掲載については編集部とのやり取りでいろいろと問題もあった曰くつきのものともなったのでした。

 

まずは掲載雑誌が送られてきた表紙のキャプションを見てびっくり。記事内容の紹介で「滑床渓谷」が「常滑渓谷」になっていたのでした。なんとなくうっかり反対に発音しそうではあるけれど、「常滑渓谷」は別に存在する沢です。きっと間違いに気づいた担当者から連絡がくるだろうとこちらからは連絡しませんでした。

やはり後日連絡を受けまして、地元の山岳会から表紙の記載の間違いを指摘されて始めて気づいたこと、さらに、無名の枝沢名に名前が付いているが根拠はあるのか、国立公園内でテント設営は禁止ではないかなどの指摘があったということで、問い合わせを受けました。(と、言われてもね。。。)

自分の記録は備忘録的なもので、厳密に検証して書いているのではありません。既発表の記録にそって書いたものであり、テント泊も前例があったのでとしか答えようがありませんでした。こういう検証は編集部で確認を取るべきだったと認めていましたが、ネットで備忘録的に書いているものを提供する場合はこういう問題が起こり得るのだと知らされたのでした。

テントの件については後日編集部の調査で、国立公園内での利用基準区画の幕営、焚き火禁止区域ではないことが判明して一件落着。けれど、幕営地の選定については厳密には禁止区域である場合があるので、その後気をつけるようにしています。(そういえば例は違いますが、以前楢俣川洗ノ沢を遡行して至仏山直下の登山道に詰めた時、たまたま登山道修繕中の監督人の方にロープが張ってある登山道外を歩いて来たとひどく怒られてお説教されたことがありました)

私の短い経験でも、ちょっとしたエピソードはあるくらいですから、きっと何十年も長く山や沢をやっている岳人の方々はもっと沢山喜怒哀楽の興味深い経験があるのだろうなと思います。こんな時だから、そうしたエピソードを掘り起こしてみるのも面白いのではないかな。

と、ずいぶん脱線しましたが、滑床渓谷は難しいところもなくゆったりと沢歩きが楽しめるいいところでした。

写真集



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.

2020.05.03
残雪と新緑のワンダーランド奥森吉

非常事態宣言の延長で今年は5月の山旅も雲行きが怪しくなってきました。そこで今回は森吉山奥の残雪と新緑を楽しんだ5月の山旅の写真集を選んでみました。

奥森吉はブナの沢旅を始めるきっかけとなった思い出深い山域で、これまで季節を変えコースを変えて何度も足を運んできました。地図にでていない山道や小さな沢が縦横に張り巡らされたブナの森で、ワクワクと胸躍るワンダーランドという表現がぴったりの山でした。

2015年5月25-26日:森吉山〜ヒバクラ岳〜割沢森〜高場森〜中ノ又沢源頭部周回〜黒石川林道

写真集

 

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.