ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2019.12.17
雪山はじめの会津駒ヶ岳
カテゴリー:雑記帳

ブナの沢旅でもようやく雪山シーズン開幕となりました。雪山はじめは南会津の山へ、だったのですが、ある程度標高がないとまだ雪がないらしい。でも、雪はあればあったでラッセルはそこそこにしておきたい。あれこれ理由をつけて、ちょっと安易ながら会津駒でシーズンインとなりました。

もくろみ通り、樹林帯にはしっかりとトレース。樹林帯を抜けてからはなぜかトレースは消えていてまるでバージンロード。雪はしまっているのでもぐってもくるぶし程度。見上げれば雲ひとつない青空。それなのに他に誰もいません。もういいとこ取りをしすぎです。

山頂へつくと、あれっ、山頂標識が見当たりません。周りの木々はまだ埋もれていないのでそれほどの積雪とは思えないのですが、とにかく雪に埋もれていました。(あとでわかったのですが、週末の一晩で山頂はかなり降雪があったようです。どおりでトレースも消えていたわけです)

山頂から富士山がよく見えたのは意外でした。飯豊は言うまでもなく奥利根方面もさすがに雪が多かったけれど、窓明山から丸山岳の尾根筋は本格的に白くなる前で、いつも遠くから見渡す二つの真っ白なお椀のような山にはなっていませんでした。浅草岳、守門も出来上がってました。スキーをしないので燧ヶ岳は私にとって登るより眺める山。美しい山容ですが、やっぱり雪は少ない。会津駒は展望のいい山なので、山座同定がつきません。

久しぶりに重いシューを履き、あれこれ雪山装備の確認もできました。幸先のいい雪山はじめだったのですが、楽な条件を揃えすぎで、これも考えものだなあと複雑な気持ち。これからはもっといろいろな場面に対応できるようになって、それぞれの場面で楽しめるようになりたい。これをつぎの目標にしようと思える雪山はじめとなりました。

 



0 Comments

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.