ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2019.11.17
丹沢 唐沢林道の惨状
カテゴリー:雑記帳

そろそろ紅葉の沢ハイキングも終わりに近づいています。週末に物見峠から唐沢林道を経由して唐沢川を遡行(というか沢筋歩き)して賑やかな大山にタッチ、ヤビツ峠に下りました。

物見峠から標識に沿って下ると唐沢林道の物見隧道の手前に降り立ちます。しばらくは舗装された車道歩きとなりますが、山の紅葉や眼下の物見沢を眺めたりで飽きることはありません。唐沢林道は一般車通行止めなので快適な登山道のようなもの。

最近の台風や風水害の影響はないかと気にはなりましたが、全体に少し荒れている程度で(関係者の?)車の轍も見られました。ところがもうすぐ入渓点の小唐沢橋だと思った頃、突然目の前の景色が変わり、車道が消えておびただしい泥と倒木が目に飛び込んできたのでした。なんという光景かと唖然としましたが、なんとか合間を縫って歩き抜けることができました。そんな状態が数十メートルくらいつづいて、もとのアスファルト道路となり、まもなく唐沢川の堰堤滝が見えてきました。

最近の唐沢林道について事前に情報をとっていたわけではないので、知らないのは自分たちだけなのかなあ〜と思ったりもしたのですが、帰宅して調べてもそういう情報は見つかりませんでした。倒木の様子などから最近のことのようにも見受けられました。新しい轍が関係者のものだとすれば情報把握はしてあるはずと思いますが、かなり大規模な土砂と倒木帯なので、撤去作業も大変そうです。自転車で林道を走る人も結構いるようですが、この区間は担がないと無理なので、歩くにせよ走るにせよあらかじめ覚悟しておいたほうがよさそうです。あるいは通行止めになる可能性もあると思います。これからどうなるのか気になるところです。

 

 

 

 

 

 



0 Comments

No comments yet.

Leave a comment