ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2017.07.14
沢登りな斜里岳
カテゴリー:雑記帳

数年前に知床半島一の美溪といわれるモセカルベツ川を遡行したとき、順調に行けば三日目は斜里岳にも登れるなんていう甘い見通しを立てました。といえば結果は予想がつくと思いますが、遡行後の知床連山の縦走は素晴らしかったけれどハードで、下山は予備日の三日目となってしまいました。

そんなわけであの時に行けなかった斜里岳に行ってきました。最初からそのつもりだったわけではありませんが、仕事でためた飛行機のマイル利用期限が迫っていたので、ならば涼しい北海道へ、ならばあの時行きそびれた斜里岳へ、というわけでした。

斜里岳の登山道は沢沿いだし何度も渡渉をするのは知っていたのですが、かなり本格的な沢登りコースなのには驚きました。それも私好みの滑滝がつづくなかなかステキな沢でした。おまけに悪いところは沢沿いに登山道の巻き道があるので気楽です。沢靴を履いて行ったので、沢の中をどんどん登って行くことができました。冷涼感たっぷりで、ずっと滑滝が続いている印象です。

源頭部を抜けると斜里岳に続く稜線に乗り上げます。ここからは普通の登山道となりますが、チングルマやエゾツガザクラなどのお花が沢山咲いていて目を楽しませてくれました。

ただ、沢を離れてからは暑いことこの上ありません。暑さで空気が霞み山頂からの展望もイマイチだったのはちょっと残念。さらに尾根をたどる下山路も暑かったー。涼を求めて飛んだ北海道でしたが、なんとこの夏いちばんの暑さに見舞われていたのでした。

そんなわけで、暑さは想定外でしたが、沢コースでは予想以上にすばらしい沢登りを楽しむことができました。

 



0 Comments

No comments yet.

Leave a comment