ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2016.02.08
安達太良くろがね小屋で親睦会
カテゴリー:雑記帳

あっという間に、あれから一週間も経ってしまいました。

1月31日〜2月1日、HPの数少ない相互リンク仲間の「山人小屋」さんご夫婦、郡山のyukiさんと4人で、安達太良山のくろがね小屋で親睦山行を行ないました。2012年9月の南沢以来3年半ぶりの再会でした。

これまでも山行のたびにちょくちょく、山人さん達の羨ましいような呆れるような山行のうわさ話をすることがあったのですが、また会いたくなったので「親睦山行」を企画。すぐに快諾のお返事をいただき、なんとか日程調整をして実現しました。

くろがね小屋はyukiさんのホームグラウンドで小屋番さんとも親しいし、正真正銘の源泉掛け流し温泉にも入れるし、吹雪いても計画を中止しなくてすむし。。。

当日の朝郡山駅に集合。途中で宴会の食材をイヤと言うほど買い込んで安達太良高原スキー場へ向かいました。それにしても麓からしてかなりの強風です。ひごろ風にはめっぽう弱いので、いい耐風訓練になるだろうと半ば期待もしたのですが、幸か不幸か午後には微風となり、順調に山小屋に到着。

くろがね小屋は冬でも手軽に利用できる百名山小屋だけあって、最近はとくに人気が高くすでに3月末まで土曜日はすべて満室とのこと!まあ、そんな状況をみこして週末をはずしたおかげで、ゆったりと快適な山小屋ライフをエンジョイできました!

その日のお客さんは私たち以外は4人だけで、みなさん自炊だったため、小屋のスタッフも一緒に鍋を囲んであれこれおしゃべりがつきませんでした。

そもそも最初に山人、モコモコさんと出会ったのは、6年ほど前の残雪期に飯豊の二王子から門内岳を縦走したときのこと。藪と雪の二ツ峰を登っている時にすれ違い、「ひょっとしてakoさんですか〜」と声をかけられてビックリ感激したのでした。あんな場所で出会うのは何かのご縁なのですね。その上、のちに一緒に山へ行くようになったyukiさんも山人さん達と知り合いだったのでした。

もともと沢指向の山行を楽しむ同志です。雪の山小屋なのに、自然と話題は沢へと向かいます。彼等はすでにわたしが行きたい沢へたくさん行っているので、聞きたいことが山ほど。そうこうしているうちに、いつの間にか今年の合同沢旅プランができあがりました。イワナをつりながらのんびり南会津の沢を逍遥するなんて、考えるだけでワクワクします。最後には皮算用が過ぎるとみんなで大笑いしながらも、楽しく夜は更けて行きました。

そうそう温泉にも、到着してからと寝る前に二度、ゆったりと浸かって極楽気分でした。夜の宴会で今回の山行は目的が達成された気分になったのは、わたしだけではなかったようです。

翌日は山小屋の朝とは思えないゆっくりとした起床となり、他のお客さんを見送りながらストーブのまわりにたむろし、だれも山頂へ行く気配を見せません。ちょっと山奥にある一軒宿の温泉に観光旅行に来たみたいだと言いながら山小屋をあとに下山したのでした。

kurogane2kurogane4kurogane6kurogane8



0 Comments

No comments yet.

Leave a comment