ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2009.05.03
蓼科山
カテゴリー:ハイキング

2009年5月3日

メンバー: sugi、他1

この山ほど始終見続けている山はない。初めて登ったのは学生時代、北八ヶ岳を縦走した。以来友人や家族と蓼科山には5回ほど登っている。北八ヶ岳全体では何十回も歩いており、冬でも安心して歩けるフィールドになっている。

最近は沢や雪山に魅せられ、歩く機会が減っているが、友人から是非と誘われ、数年ぶりに出かけた。蓼科側からは、ほとんど雪は見えず、今年は例年になく雪が少ないなあと、念のため軽アイゼンを持って登山口の7合目一の鳥居まで車を走らせた。GWとあって、多くのハイカーがいるが、案の定雪はまったくない。

しかし、歩き始めるとすぐ、シラビソの森の中の登山道は日陰のためか残雪が凍りつき、あきらめて下りてくる家族連れなどとすれ違う。アイゼンをつけゆっくりと登っていくと、雪が増えて、雪山気分、日当たりの良い斜面は気持ちがいい。

1時間と少しで着いた将軍平の蓼科山荘はかなり雪に埋もれていた。ここからは森林限界を超え、夏であればごろごろした岩の間を登っていくのだが、雪に埋もれてまーるい雪山となっている。

途中、ロープが現れるが、どこから来ているのか見えない。そのロープに何人もがつかまっている姿を見て、「蜘蛛の糸」を思い出した。おーい、そんなにぶら下がったら切れるぞーと。

ストックを忘れたので急斜面を慎重に登り、頂上に着くと、南アルプスや中央アルプスが真っ白な姿を連ね、それを眺めながら、あのころを思い、前日茅野の藪山で採取したコシアブラを炊き込んだ握り飯をほおばった。