ブナの沢旅ブナの沢旅
▲トップページへ
2009.12.20
長岡風谷山
カテゴリー:雪山

2009年12月20日

 

今年の仕事も終わり、金曜日の午後近所のカモシカスポーツでコーヒーを飲みながら最新号の雑誌を読んでいたら、長岡のsamさんから週末山行について電話がかかってきました。その前からプランは聞いていたものの、寒波到来による大雪に恐れをなして行かないつもりでした。

けれど直接あれこれ話を聞いているうちにラッセルトレーニングがしたくなり、降雪覚悟で日曜日に出かけることにしたのでした。いつもながらの駆け込み山行です。

最初は銀山平の赤崩山ということだったのですが、さすがのsamさんも前日の降雪情報にビビリモード。銀山平は新雪が1mほどもあるとのこと。こんなときは地元長岡の裏山くらいがちょうどいいからと、お気に入りの(ナウシカの)風谷山にしたいとの直前の連絡。

長岡の裏山に新幹線で行くのかあ~という思いが一瞬よぎったのですが、風谷山という名前もなんかステキだしどこでもいいから雪歩きがしたかったのでまあ行ってみるか、ということに。

雪の降る長岡駅で待ち合わせ、風谷山方面へ向かうと裏山の山並は真っ白でした。除雪終点からスノーシューで歩き始めるとさっそく軽いラッセルとなり、しだいに気分が雪山モードになって行きました。さすが越後の裏山、あなどれません。

新雪なので潜ることこの上なし。登山口から尾根にのり始めると膝上までのラッセルです。傾斜がきついところでは五体倒置さながら、膝を突き出して体を倒さないと進めなくなり四苦八苦でした。結局samさんに多く先を行ってもらうことになってしまいましたが、去年の冬よりは頑張れた気がします。途中からは太陽が時々顔を出して青空も見え始め、二人でラッセル頑張ったご褒美だねと、大喜び。

たかだか530mの風谷山ながら、帰りの電車の都合で山頂まで到達することは諦め、早々と市街の眺めがいい7合目あたりでラッセル終了宣言。温かいうどんを作ってのんびり雪山ピクニックタイムを楽しみました。帰りはトレースがあるのでラクチンこの上なし。あっという間に下ってしまい、思わず「あれっ、これっぽっちしか登らなかったのー」

でも思う存分深雪ラッセルができて楽しかったし、なんとこんな裏山でカモシカさんにも会いました。私たちのトレースに足跡がくっきり残っていてほほ笑ましく、思わずラッセル泥棒してるよ~なんて言ってしまいました。

登山口に下りたところでまたまた店開きのピクニックタイムをとり、温かいぜんざいとコーヒーで一休み。除雪が終わった林道を車に戻って駅まで送ってもらい、予定より早い電車であっという間に東京に戻ってきました。

林道除雪終了点9:00-風谷山7合目12:00/12:45-林道除雪終了点15:00